amazonで服を買ったんですが不良品が届

amazonで服を買ったんですが不良品が届きました。 右と左で袖の長さが5センチくらい違います。 これは明らかにB級品の類だと思うんですが返品対象になるんでしょうか? ちなみに本格的には着ていないんですが一度洗うとかなり縮む性質の素材だと品質タグに記載があったので洗ってから着ようと思い1度洗ってしまっています。タグも外してしまっているので無理だろうなと諦めてはいますが・・。

縮む物ってデニム系の何かですかね? アマではなくメーカーに問い合わせてみてはどうでしょう。

父(60歳)が前立腺がんと診断されました。 PSA値15でグリソンスコア6でした。幸い転移はありません。 治療法の選択をする段階となり、お医者さんからの説明を家族全員で聞く予定だったのですが、父がみんなが集まる日まで待っておられず、いつ転移してしまうかわからないから早い方がいいと、勝手に一人で説明を受け、開腹手術を予約してしまいました。 娘の私としては父の体の負担が少ない方法が他にあったのではないかと、その決断に不安でいっぱいになりましたが、再発のリスクが低いということでの父の強い希望により、手術することに一応納得しました。 手術には納得したものの、父が行っている病院では開腹手術しかできないそうで、調べていくうちにもっと体に負担の少ない手術方法があったのではないかと、

父ひとりに決断させてしまったことに今さらですが後悔の気持ちが出てきてしまいました。 父のような病状でいまどき体に負担の大きい開腹手術をするのはめずらしいことなのでしょうか。 開腹手術以外の選択肢があったのではないかということに対してのもやもやが晴れないままに手術の日を迎えていいのか悩んでいます。ご意見聞かせて下さい。

グリソンスコアが6ということは高分化ですから、もう少し熟考したほうがよかったかもしれません。 PSA検診が厚生労働省の研究班から意味がない、やるべきでないという結論をだしたのは、PSA検診によって放置してもいい一部の高分化癌まで治療を受けて副作用で苦しむ事例がでてくる事を危惧したためです。それを受けて最近は待機療法といって何もしないで経過をみるという事も行われるようになりました。 PSA15は高値ですし、年令もお若いので待機療法はお父さんには適応にはならない可能性が高いです。が、もっと非侵襲的な治療法もたくさんあります。 今どき、開腹手術しかできない病院というのはかなり時代遅れですし、セカンドオピニオンを受ける事をお勧めします。