読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

似合わせカットって自分の好みにはならないのでしょうか? ホットペッパー

似合わせカットって自分の好みにはならないのでしょうか? ホットペッパーのクーポンで予約したのですが、詳細のところにしか似合わせカットと書いていなかったので、見ずに予約してしまいました。 今回はかなりカットに要望があるのですが、聞いてもらえるのでしょうか?

クーポンそのものが、販売促進の目的で、 行っていることですから、大丈夫だと思います(^^)v

国際線乗り継ぎ便と抱き合わせの違い ルフトハンザ・キャセイなどで乗り継ぎ便でポルトガルまで行くものがあります。 予約サイトでは、同じ便でも①ルフルトハンザ+フルトハンザコードシェア(TapPortgual)、2 ルフトハンザ+TapPortogual便のものが両方販売されています。 上記の航空会社は一例で全般として教えてください。 1.乗り継ぎ便指定の便は、遅延した場合は、引継ぎもと便を待つのでしょうか? 2.②の場合、チェックインは一度入国しなければならないのでしょうか? 3.②でオンラインチェックインした場合、印刷したチケットで入国無しに乗り継ぎ可能でしょうか? 4.まったく乗り継ぎ便でない別の航空会社にトランジットの場合、オンラインチェックインすれば乗り継ぎ便と同様に入国は不要なのでしょうか

? 以上4点お願いいたします。

香港からドイツへはルフトかキャセイで行くのですね 1、乗り継ぎ便指定の便は、遅延した場合は、引継ぎもと便を待つ 待ちません 同社間でも待つことは稀です 例えばコネクト時間がタイトな場合 そこに次便の担当者が迎え(案内)に行ってることが多いのですが 前便が着いてその次便の担当者が乗継該当客を確認し 乗り継げると判断し報告すれば 若干待ってる・・・ことはあります 2、②の場合、チェックインは一度入国しなければならない ルフトハンザとTAPはスターアライアンス同士です ルフトハンザの出発地で搭乗券を2枚とも貰えます いわゆるスルーチェックインです ただ ドイツ・ポルトガル両国ともシェンゲン協定国ですので 相互の国の行き来では入出国手続きはしないのですが 協定国外から入る最初の空港で

入国審査を受けなければなりません ですので 搭乗券は2枚持っていても 最初に香港からフランクフルトに着いた時点で入国審査が執り行われます これも 到着ゲートエリアからポルトガル行きの出発ゲートエリアに向かう道順の途中に 自動的にイミグレーションとセキュリティが存在するように作られています 3、②でオンラインチェックインした場合、印刷したチケットで入国無しに乗り継ぎ可能 不可能です 上に書いてますとおり ドイツで必ず入国検査があります シェンゲン協定国外からの到着エリアから シェンゲン協定国内への出発エリアへはスルーで行けません 必ずイミグレーションを通らなければ行けないようになっています 4、 3と同様です これらはその他の地域も同様ではなく シェンゲン協定と言う協定を批准し

ている欧州国だけの特別ルールです